即日借り入れガイド

MENU

即日借り入れ可能!融資スピード感が早いカードローン会社

アコム

アコムイメージ

三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」の特徴

即日借入で外せないのがアコムの「ネット申し込み〜審査終了までが最短30分」というスピード感。業界最速の審査時間のアコムは、即日融資を希望する方に大人気。
ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座を持っていれば、初回のみ平日19時まで、楽天銀行なら24時間いつでも振込に対応しています。

審査時間 最短30分
収入証明書の提出 限度額50万円以下は不要
実質年率 4.7%〜18.0%
無利息期間 最大30日間利息ゼロ円

即日借り入れが希望なら審査に落ちてはダメ

 他のカードローンも利用している場合
複数者でカードローンを利用している場合には、総量規制(年収の1/3以上の借入を規制する法律)の対象になっているか確認しましょう。ちなみに、消費者金融系は総量規制の対象となり、銀行系は対象外となります。

 

 審査に時間をかけさせない
借入希望額が大きくなれば、それだけカードローン会社もアナタの返済能力を調べるのに慎重になります。その具体例が、50万円以上を希望すると「収入証明書」の提出が求められるケースです。即日審査をしてくれる会社を選んでも、審査に時間がかかってしまう申し込みでは即日で借り入れをすることが難しくなります。

 

審査に落ちると後遺症が大きい?

一般的にいわれている事ですが「消費者金融に比べて銀行系は審査が厳しい」という傾向にあります。審査落ちをしてしまうと、当然また次のカードローン会社を探すわけですが、実はココに落とし穴が。

 

短期間に何度もカードローンの申し込みをすると、信用情報に複数回の申し込みの履歴が残ります。アナタから申し込みを受けたカードローン会社は、審査の為に個人の信用情報を閲覧しますが、そこに「複数社の申し込み履歴」を見つけたら…。当然、返済能力に疑問を持ちますよね。

 

A社の審査に落ちる

信用情報に「A社へ申し込み」の履歴が残る

他のカードローン会社の審査で「A社の申し込み履歴」が分かる

アナタの返済能力に疑問を持つ

「ちょっと怪しいから・・・」と審査に落とされる

審査落ちはただ借りられないだけではなく、こうした次の申し込みにも大きく影響するので、正に「負の連鎖」となるので、審査の厳しい銀行系ではなく消費者金融(おすすめは銀行傘下の大手消費者金融)で借りる方がオススメです。

 

審査に落ちたときの保険で何社も同時に申し込んだらいいんじゃないの?

同時に複数申し込みには注意が必要です。

 

確かに万が一の審査落ちに備えて、色んなカードローンに申し込んでおけば「A社がダメでもB社で借りれた」ということにはなりますが、申し込みブラックという言葉を知っていますか?

 

これは一気に複数社に申し込みをする人のことを指し示す言葉です。

 

ごく普通に考えて、4社も5社も同時に申し込むような状況の人が、まともな返済能力を持ち合わせているとは考え辛いですよね。そうした疑わしい記録を信用情報にはなるべく残さない方が賢明です。

 

ただし、一般的にカードローン業界では2社ぐらいの申し込みであれば、そこまで問題視されることはないようです。

 

↑即日借り入れガイド上部に戻る

 

即日借り入れの審査で気をつけたい2つのこと

 

適正な借入希望金額で

審査の重みは金額によって異なるイメージ

借入金額が10万円と100万円では、当然ながら返済能力を見極める審査も慎重にならざるを得ません。

 

そもそもカードローンというのは、「担保・保証人不要のフリーローン」という、他の一般的なローンや借入とは異なる性質を持っています。

 

だからこそ、「今日中にお金を借りたいな〜」と思ったときに、すぐに気軽に融資を受けられるというメリットがあります。

 

しかしカードローンは、申込者のクレジットヒストリーや勤務先を含めた返済能力など、信用情報を元に貸付を行う信用取引です。

 

担保も保証人もないことから、金融業者としては「貸し倒れ」のリスクを最も危惧するところです。借入金額が大きくなればなるほど、万が一の未回収になった時のダメージが大きいので、それだけ返済能力に関する審査に時間が掛かってしまいます。

 

即日借り入れを希望するなら、上述のように収入証明書の提出が不要な50万円未満に抑えることがポイントです。

 

どれぐらいの金額を借りる人が多いの?

カードローン利用者の6割以上が10万円未満で、主に「娯楽・交際費」「生活費」という用途となっています。

参考:ジャパンネット銀行「カードローン利用に関する実態調査」

 

申し込みは正確に

ネットで申し込みをすると、免許証や保険証などの身分証明書をスマホのカメラで撮影して金融会社に送ることで、本人確認を行います。

 

その際、文字や顔写真ピントがぼけて不鮮明であったり、画面に対して画像が小さすぎたりするとやり直しとなってしまいます。

 

また、申し込み時に記入する個人情報も要注意です。よくある間違いが「連絡の付くメールアドレス」の記入ミスです。

 

本来「半角ドット」を記入すべきところが「全角」になっていたり、「。(句読点)」になっていたりする凡ミスが多い部分なので気をつけましょう。

 

やり直しは無駄な時間をとることになるので、即日借り入れを望むなら申し込みはミス無く正確に行いましょう。

 

・カメラで撮影する個人情報はピントに注意
・メールアドレスの記入ミスに注意

 

↑即日借り入れガイド上部に戻る

 

「サラ金=怪しい」と思っている人は世間知らず

サラ金は怪しいのか?

サラ金でお金を借りるなんて怖いし怪しい・・・と漠然と負のイメージを持っている人も多いですが、そうした人の大半がただの知識不足です。

 

そもそも消費者金融を意味するサラ金は、サラリーマン金融の略語でしかなく、ヤミ金とは大きく違います。

 

中小のマイナーな消費者金融の中には「ヤミ金」が混ざっていることもありますが、大手の消費者金融は大手銀行のグループ企業としてクリーンな経営・貸付を行っているので、不安に感じる必要はありません。

 

大手消費者金融(サラ金)とヤミ金を混同している人が多い背景には、日本人のお金に対する価値観が要因です。

 

日本人は大人になってもお金の知識が無い

お金の知識不足な日本人

日本人特有の考え方ですが、お金に関する話題は小さな頃からタブー視される傾向にあります。学校でも正しくお金について勉強しないまま大人になってしまっています。

 

とくに「お金を借りる」イコール「悪いこと」であると思い込んでいる傾向にありますが、それは大きな間違いです。

 

確かに自分の返済能力以上のお金を借りるのは間違っていますが、金利の仕組みや返済能力を加味した上で上手に使えばいいだけの話です。

 

消費者金融もお金を貸して利息で儲けるという列記としたビジネスです。知人や親族から頭を下げてお金を借りるよりも、こうしたサービスを利用する方が精神衛生的にも健全だと思います。

 

ただしヤミ金だけには手を出してはいけません。大手の消費者金融を利用しましょう。

 

CMをやっている大手であればメガバンクグループとして健全な貸付を行っているので安心して利用できます。当サイトでも借入申し込み件数No.1が、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムです。

 

即日で借り入れができるようなスピード審査もしてくれるので、お金が急に必要になった時には上手に利用しましょう。

 

↑即日借り入れガイド上部に戻る